人としての知性と品と

  • 2020.04.13 Monday
  • 15:29


こんにちは!
たまにはお店以外のことを書いてみようと思います。

コロナで、飲食店を例にあげるとテイクアウトで対応、時短短縮営業と切り替えるお店が増えました。
なかにはお店を休業とするお店も増えました。

どれが正しいと判断することは書きません。自分以外のことは、わからないから。

それぞれの経営状況や暮らしがあるから、その数だけ正解があるはずと考えてます。

ただその中の告知で「経営判断でお店を休業する」と、テイクアウトや時間短縮営業を言葉に出して「危険にさらすことはしたくない、リスクになる、店は休業を決断した」には告知に大きな違いと差を感じます。

ほかの営業方針を出す言葉は必要か。
言葉からみる周りへの配慮。
その悲しさを感じるのは私だけでしょうか?

テイクアウトや時間短縮している方々の暮らしを維持するため、従業員のため、その背景を思いやる気持ちを忘れてはいないでしょうか。。。 *


脳科学者の中野さんの記事で「正義中毒」について読みました。
SNSで広まり、コロナで拡散しているようにおもいます。

世間やメディアで目に見える正義を振りかざし、その枠からはみ出すものを叩き出す言葉を吐いてないだろうか…と。

正義中毒は生贄のように、自分が信じる正義の制裁をすることで自分に快感を感じる錯覚。 *
*

正直なところ私自身も、そもそもこの思考がおこがましいことなのでしょう。

返済の山とお金のないストレスと苦しさ経験したことがあるからでしょう。
わたしが、こう敏感にあるのは。。

だからこそ正義中毒に陥ることのないようにいたい。

よく知らない他人や、綺麗に繕った言葉より、目の前の人の行動を信じたい。

この日々、重くなる気持ちのなかで営業を続け頑張っているお店を応援したい。 *

追記
けどまぁ、外出自粛のなか友達と集まり外で遊んでるのをSNSにのせているのを見てしまうと、??と思うところですが。。


衛生対策を尊敬できるお店さんは数多くあります。
いつもと違うからと不満を言わず協力したいところです。

どちらも偏差値では測れない、人としての知性や品ではないでしょうか。

  • 0
    • -
    • -
    • -

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM