花のひと

  • 2019.10.06 Sunday
  • 02:16


花を眺めて過ごすのが好きになったのは、いつからだろ。


人は変わる。

人は変われる。

人は変わったように見せることができる。

人は変わったと自身で思い込んで変われてないことがある。

もちろん、変わる必要ない人もいる。



自身の過ちや人を傷つけたことは鈍感で甘くなり、
自分がされると人に厳しくなりがち。


個人と個人で解決したらよいことまでをわざわざ今の時代、気安く発信し共感を誘おうとする。

個人の枠をこえ、理由つけて自己を正当化して認めてもらおうという心理が苦手。


生まれて嘘ついたことない人はいるのだろうか。

共感もとめるのは、他人よりも自分への罪や嘘の認識が軽い証におもう。


個人と個人で向き合うことを避ける人が増えたように思う。

まるで多くの共感を勝ち取ったら勝者のゲームみたい。



多くの人には親切でも、

実際会うと、個人と個人になり他を挟まなければ意地悪な人、嘘つきの人の多くがそう感じる。


共感が多くなれば正義になること、

真意を一方的に信じてしまうことは怖くおもう。


こういうことを見てきたからか、

共感力は高いことが正しいとも思っていない。


真実は結果が見えるまでわからないし、生涯わからないことも多いかもしれない。


結局は自身を信じれる自分がいれば、発信など必要ない。


自然と言わずとも信頼される人には信頼されてくるから。

発信するのはその鎧を脱げは、きっと自信がないから。


気付けば群れたりをしなくなったな。。。

個人と個人で良好ならよしとして。


その分、そのサークルがなくなったぶん自由で外されるとか外すとか言うこと聞くこともないからストレスはなくなった。

これは中心にいる人にはわからない感情じゃないかな。



人は優しくも裏もあるから怖い。

表をみて信じる共感もまた怖い。


*

花は表しかないから、それを無意識に知ってきたから余計に会いに好きになってしまうのかもしれない。


会いたくなる友がいるなら、きっと不器用であっても蕾でも花のような人。



追記

まわりでも理不尽な喧嘩ふっかけられておいて、その相手は被害者みたいにしてる人は身近にもいる。

こわいわー

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

おちゃのこネット

おちゃのこネット登録

フェリシモ

フェリシモ「コレクション」

いぬねこ

いぬのきもち&ねこのきもち

ベルメゾン

ベルメゾンネット

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM