ノロケのヨル2

  • 2019.09.05 Thursday
  • 09:21

昨晩 ふとお布団に横になると、思い出し 涙がポロポロ流れちゃった。

 

夕食まえに息子が

「お母さん、ボクを○○小学校にいれてくれて ありがと!」

なぜ?と尋ねると

「毎日すごく楽しんよ…」と次々と新しくする勉強のことや友達や学童のことを話はじめた。

 

うれしいって気持ちを伝えくる真っ直ぐな子どもらしさと、

いろんな感情がまじり

十分なほど親孝行すでにしてもらってるなぁ…と感じたり。

 

頼ってばかりで大人になったような私だけれど、湧き上がるように 人を守りたいって思えるようなれたのは息子がいたから。

 

忍耐もそう、気持ちの切り替えも 言葉も 暮らしかたも …

つらいとき、変わりたい!変わろう!の本気スイッチが入る。

そのとき描く自分に変わり時なのかもしれない。

 

人に出逢って変わろうと思う場面は大人になってからのほうが増えた。

 

 

息子が産まれた瞬間から、子育てほど理想通りとか、思い描く通りとか、思い通りにならないことだらけ。。。

人間性をみられる試練のよう。

 

小学生に成長した、いまは私がきっと守られてる。

心をまろやかに変えてくれる存在。

子に育てられてるほうの人だなぁ…わたしは。

 

とポロポロの夜

  • 0
    • -
    • -
    • -

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM